ナーフ・メガダーツシリーズ・メガマグナス

横浜に行く用事があったのでヨドバシでメガダーツシリーズのブラスターを購入してきました

画像

画像

両サイドにはでかでかとMEGAのロゴでとにかくでかいの一言、もちろんこれも国内向けなのでグレートリガーになってます、何故か左側のマグナスのモールドは塗装されていません

画像

画像

エリートダーツと比べてもこれだけのサイズ、後ろの穴も半端なくでかい

画像

画像

メーカーも考えてるのか中にノーマルダーツがすっぽり入ります、形状はホイッスルダートなので発射時にピューッと音が鳴って飛んでいきます、マグナスで装填すると上から押し込む時に結構変形が激しいので補強も兼ねて中に入れても問題なく発射可能、私の時はエリートの吸盤ダーツ「エリート・ユニバーサルダーツ」がちょうどいい感じでした、エリート・クリップダーツだと若干太いので最後まで入りきらない場合があります。

画像

さて一体どうやって装填するかというと・・・

画像

画像

ガシャッとスライドを引くと弾倉を押し上げるマガジンフォロアーが現れるのでそこに上から一発ずつ押込みます、最大3発まで装弾が可能

画像

グレーのバレル部分がそのままチャンバーになるので実際には先込め式と大差がなく、打ち合い中に3発撃ち切ったあとはバレルから挿入して先込め銃としても使用が可能です、飛距離としては日本の住宅事情を考慮すると十分な威力ではないかと思いますが、やはりアメリカ版のオレンジトリガーの方が欲しくなりますね
(記事を上げた数日後、海外のサイトでメガダーツ用のリボルバータイプ・メガサイクロンショックとゾンビストライクシリーズのツインリボルバータイプ・フリップフューリーを発注しました、届いたらまた記事にしたいと思います)

画像

最大3発の大口径拳銃というとやっぱこれを連想してしまいますね(笑)(ポセイドン/大日本技研)

画像

画像

ダーツを固定する真ん中の芯は細いのでノーマルダーツを仕込んだメガダーツでも装填が可能、コッキング時には弾が飛び出さないようにゲート状のパーツが起き上がるという安全設計、この辺りは多分バズビーのクリップブラスター10の方式を参考にしてますね

実射性能としてはグレートリガーなので銃と弾の大きさのわりに飛距離が少々物足りなさを感じるかもしれませんが、日本の住宅事情を考えるとこのぐらいのパワーが適当なのかも、メガシリーズのリボルバータイプであるサイクロンショックはすでに米国アマゾンで購入したので届き次第どのぐらい出力が違うのかチェックしてみたいと思います。


ナーフ N-ストライクエリート メガマグナス
タカラトミーマーケティング
2014-10-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナーフ N-ストライクエリート メガマグナス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ナーフ N-ストライクエリート メガセンチュリオン
タカラトミーマーケティング
2014-10-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナーフ N-ストライクエリート メガセンチュリオン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ナーフ N-ストライクエリート メガダーツリフィルパック
タカラトミーマーケティング
2014-10-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナーフ N-ストライクエリート メガダーツリフィルパック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック