ミリメシで孤独のグルメっぽい缶飯編

画像

最近熊本地震で再び脚光を浴びている防災食ということでミリメシとも呼ばれる缶詰めご飯を食してみました。

画像

画像

今回食したのはとりめしとチキンドライカレーの2つ、この他にも赤飯、牛めし、五目飯とラインナップがあります

画像

画像

画像

楕円のこの缶、イナバのカレー缶と比べても相当大きいです、商品名がついてるフタ部分以外には塗装らしい塗装をしないシンプルなデザイン、しかもこのフタ部分は缶切りで開けた際に縁の塗料が削れて中身に混入しないようにように縁は塗装されていません、自衛隊に納入する缶詰類が最近主流のプルトップ方式を採用しないのは自衛隊で空挺降下で荷物を落としても落下の衝撃で缶が簡単に破損しないようにとの事で採用しないそうです。

画像

画像

作り方はとても簡単、お湯を張った鍋に入れて20分間湯煎するだけ
ちなみに温めないで缶を開けるとご飯がベータ化という固くなった状態でとても食べられたものではないので湯煎で温めてご飯をふわふわのアルファ化の状態にするということです(ちなみに演習でご飯缶が少しでも冷めると割り箸をへし折る程の硬さになるそうです)

画像

画像

20分後フタを開けるとこんな感じ、ご飯がかなりぎっしり詰まっています

画像

画像

皿に盛るとこんな感じでかなり山盛りになります、ご飯茶碗で2杯分ぐらい?缶から綺麗に出すにはできれば熱々のうちに取り出すと缶の内側にへばりつくことなく綺麗にスルッと取れます

とりめし
味は薄めであっさりした味、具の鶏肉もしっかりした食感で噛みしめると旨味が出てくる感じで飲み水が少ない災害時でも非常に食べやすいと思う、ただ楕円缶はかなり量が入ってるのでなので食べきれない時はおにぎりにするという手もあり平時なら画像のように薬味や七味をかけて食べたりするのも良いでしょう

画像

とりめし盛り付け例

チキンドライカレー
カレーの香りはほんのりする程度だけど食べると後からカレーのスパイスの辛さがじんわり効いてくる本格的な味、この辛さで食欲が増進されて案外食べきれてしまうかもしれない、具に入ってる鶏肉もゴロッととした食感で味が染みていてすごく美味、皿に盛って出したら多分カレーチャーハンと言っても誰も信じて疑わないだろうなと、ただし辛いので味噌汁とか汁物や飲料水がしっかり行き届いた状況じゃないとちょっと辛いかもしれない

画像


画像

熊本地震では米軍のオスプレイによって運び込まれたようです。


サンヨー飯缶セット6缶入(3種×2缶)
サンヨー堂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サンヨー飯缶セット6缶入(3種×2缶) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




サンヨー 赤飯 375g
サンヨー堂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サンヨー 赤飯 375g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

ピカイア
2016年05月30日 23:03
缶切り使用時に塗装クズが入らないような工夫や、
衝撃に強いとかもさすがと感じますし、
缶のままお湯で温めて食べるというワイルドさが、
さすがはミリタリー食という感じですね。

冷めると箸が折れるほど固くなるというのも知らなかったですし、
色々と本当に驚きましたし勉強になりましたよ。

そしてどれも色合いも綺麗で美味しそうですね♪
実際に美味しいとの事ですし、量も結構入ってるとの事ですし、
非常時の為にいくつか用意しておきたいと感じさせますね。

この記事へのトラックバック