おいおい

米警官が実弾持ち込む 成田空港

何で成田でアメリカの警官が?となりますがこれは航空保安官といわれるスカイマーシャルが銃を成田の空港警察に預けたけど予備弾をカバンに入れたままホテルに滞在していたそうです(笑)確かに銃が体の一部のようになってるからつい忘れちゃうんでしょうね、近年のオートマチック拳銃の装弾数としては12発はずいぶん中途半端な数ですがいったい何を使ってたのか気になりますねえ、マガジン1本、バッグに入れたままになってたのかな?

スカイマーシャルとはハイジャック防止のために私服で機内に乗り込む保安要員のことで保安官と名の付くとおり拳銃で武装しています、どの路線に乗り込むか、所属人数とか情報は一切秘密なんだそうです、ただ9.11を契機に大幅に組織強化と人員増強は行われたようです。
バッジはあくまでも憶測ですがUSマーシャル(連邦保安官)みたいな丸に星のデザインじゃないかなと思います

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月02日 22:24
予備弾をカバンに入れたままという所に、
本場の銃社会の緊張感とリアルさを感じさせますね。
戦場でも予備弾装はいつも必ず持っておくそうですし、
もしかして今回の警官って元軍人だったりして。
それにしても成田空港のチェック能力って大丈夫なのかな。(^_^;;

この記事へのトラックバック