スーパーブルーブラッドムーン

話題になった1/31の皆既月食を撮影してみました、月が地球に接近するスーパームーンと月二回目の満月のブルームーン、皆既月食で月が赤っぽくなるのでブラッドムーンと現象がいっぺんに発生するのでスーパーブルーブラッドムーンという何とも厨二病っぽい名称が付けられています、ちなみに今回の現象は35年ぶりとのことだそうです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像



前回のブログの記事よりも更にミステリアスな月ということで今回もこの曲、~Moon Light Mystery~/今井優子を貼っておきます。


フル・ムーン
新潮社
マイケル ライト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フル・ムーン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



月 (SKYSCAPE PHOTOBOOK)
誠文堂新光社
榎本 司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月 (SKYSCAPE PHOTOBOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

ピカイア
2018年02月02日 00:31
当方の地域は残念ながら昨夜は雨だったので見られませんでした・・・。
今夜は雲ひとつ無い夜で月もはっきり良く見えるので、
尚更の事、「昨夜晴れてくれれば・・・」と残念です。(^_^;;
なのでこちらで拝見できて嬉しいです♪
とても鮮明に映っていて綺麗ですし、
影の進み具合と共に色合いも変化していく様がよく分かって、
本当に綺麗で見応えありますね~♪

スーパーブルーブラッドムーンという名前は、
確かに私も何かの必殺技みたいだなとか思いました。(笑)
他にもスーパーサイヤ人みたいに月の変身形態名っぽくも思えて、
更に10倍界王拳使ってもっと赤く輝く姿とか、
思わず名前からそんな想像したりしました。(^_^;;
でも本当に綺麗ですし神秘的ですね。

そういえば日本では月の模様は兎が餅をついてると言われますが、
海外では本を読む女性や、女性の横顔とかよく言われるらしいですね。
本を読む女性や女性の横顔という現実的な表現に対し、
兎が餅をつくという現実ではありえない姿を月に見る日本人の想像力に、
驚いたり不思議に思う海外の方も多いそうです。
月の模様一つ取っても、国や文化での違いが見えて、
そういうところもまた興味深いですね。

今回も素敵な写真拝見させていただき本当にありがとうございます♪

この記事へのトラックバック